カワナ ヨシヒロ   YOSHIHIRO KAWANA
  川名 好裕
   所属   心理学部 対人・社会心理学科
   職種   教授
発表年月日 2005/09
発表テーマ 身体接触と対人関係(3)
会議名 日本心理学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(招待・特別)
発表者・共同発表者 齊藤勇
概要 自己開示や身体接触は、対人関係における親密化過程にとって重要なものであるが、その傾向は男女で大きな違いがあることが明らかにされた。女性の場合、時間をかけて慎重に親しくなった相手に自己開示したり、身体接触をしたりするようになるが、それに対して、男性では、相手の外見を気に入ったり利益になると認知すると、短期的、冒険的に自己開示や身体接触をする傾向が強いことが明らかにされた。