カワナ ヨシヒロ   YOSHIHIRO KAWANA
  川名 好裕
   所属   心理学部 対人・社会心理学科
   職種   教授
発表年月日 1982/07
発表テーマ 社会的怠惰効果 -日本の中学生での場合-
会議名 日本心理学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
概要 援助行動の傍観者効果の研究で有名なラタネらは、全力で声を出したり、手を叩いたりというような労苦を伴う仕事を集団でさせると、個人レベルで同じ作業をする場合より努力量が少なくなる現象を「社会的怠惰」(または、社会的手抜き)と名付けた。本研究は、その現象を日本の中学生で追試したものである。