(最終更新日:2020-10-13 14:29:16)
  オクトミ ヨウイチ   YOICHI OKUTOMI
  奥富 庸一
   所属   社会福祉学部 子ども教育福祉学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
子ども学、保育学, 教科教育学、初等中等教育学 (キーワード:親子ふれあい運動プログラム、運動遊び環境、幼児体育指導法、保育者養成校の体育授業) 
■ 論文
1. 論文  気質特徴に適合した親子ふれあい遊びが養育者の 育児認識,育児不安および育児自己効力感に及ぼす効果 川崎医療福祉学会誌 29(2),279-292頁 (共著) 2020/05
2. 論文  子どもの気質特徴のフィードバックと親子ふれあい遊び体験が養育者に与える効果 心理・教育相談室年報 13,1-13頁 (共著) 2019/05
3. 論文  The relationship between parent-child interaction and parents' self-efficacy in playing with their children Bulletin of Kurashiki City College 61,pp.83-88 (共著) 2018/02
4. 論文  保育士・幼稚園・小学校教員養成課程における専門体育の授業内容と体育授業に対する意識に関する研究 人間の福祉 : 立正大学社会福祉学部紀要 (32),171-182頁 (単著) 2018/02
5. 論文  子どもの気質と関連する遊びが養育者の遊びにおける対処可能感を介して育児不安,育児満足に及ぼす影響 パーソナリティ研究 25(3),206-217頁 (共著) 2017/03
6. 論文  親子ふれあい体操前後の養育者の唾液アミラーゼ値の比較 人間の福祉(立正大学社会福祉学部紀要) (31),151-156頁 (単著) 2017/03
7. 論文  Effects of Baby Massage Based on Child’s Temperament Characteristics on Child Rearing. Kawasaki Journal of Medical Welfare 22(1) (共著) 2016/10
8. 論文  保育学科生の施設実習指導に関する一考察 倉敷市立短期大学研究紀要 (58) (共著) 2015/03
9. 論文  バスケットボール選手の体格と脛骨骨強度-岡山県A市内で選抜された中学生について- 倉敷市立短期大学研究紀要 (57),63-67頁 (共著) 2014/03
10. 論文  授業改善に関する取り組み-学生の実習内容をふまえて- 倉敷市立短期大学研究紀要 (57),1-8頁 (共著) 2014/03
全件表示(46件)
■ 著書・その他
1. 著書  幼児体育 理論編  273-281頁 (共著) 2017/01
2. 著書  幼児体育-理論と実践-日本幼児体育学会認定幼児体育指導員(中級)養成テキスト  77-86頁 (共著) 2008/08
3. 著書  幼児体育-基礎理論と指導の方法  74-76,112-115頁 (共著) 2008/04
4. 著書  最新健康科学概論  105-109,137-149頁 (共著) 2005/12
5. 著書  高齢者の生活機能増進法-地域システムと具体的ガイドライン-  119-128頁 (共著) 2000/12
6. その他 平成22年度科学研究費補助金基盤研究A No.20240065報告書「幼児・児童の健康づくりシステムの構築」   (共著) 2011/03
7. その他 平成22年度科学研究費補助金若手研究B No.21700677報告書「親子の心身健康・生活に関する調査報告書」   (単著) 2011/02
8. その他 高等学校生徒の生活実態-2008年報告- 食育学研究 3(2),124-138頁 (共著) 2008/06
9. その他 小学校児童の生活実態-2008年報告- 食育学研究 3(2),85-108頁 (共著) 2008/06
10. その他 中学校生徒の生活実態-2008年報告- 食育学研究 3(2),109-123頁 (共著) 2008/06
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2020/09/12 親子ふれあい遊び場面にみる乳幼児の気質特徴と行動(日本幼少児健康教育学会第39回[秋季・岡山大会])
2. 2020/09/11 気質特徴に適合した親子ふれあい遊び体験の養育者への効果ー子どもの気質タイプ別養育者の育児不安・育児自己効力感への効果(日本パーソナリティ心理学会第29回大会)
3. 2019/09/12 気質特徴に適合した親子ふれあい遊びが養育者の育児不安および育児自己効力感に及ぼす効果(日本心理学会第83回大会)
4. 2019/08/29 親子ふれあい遊び体験が育児認識に及ぼす影響―親子ふれあい遊びと気質特徴に適合した親子ふれあい遊(日本パーソナリティ心理学会第28回大会)
5. 2019/03/18 子どもの気質特徴に適合した親子ふれあい遊びの効果 ―養育者の育児意識や育児行動に及ぼす影響―(日本発達心理学会第30回大会)
6. 2018/08/26 ふれあい遊びにおける親子の相互作用と遊びの対処可能感(日本パーソナリティ心理学会第27回大会)
7. 2018/06/16 子どもの気質特徴のフィードバックと親子ふれあい遊び体験が養育者の子ども理解や育児認識に及ぼす影響(第65回日本小児保健協会学術集会)
8. 2017/12/16 子どもの気質特徴に合った親子ふれあい遊びプログラムの開発~実施1ヶ月後のアンケート結果から~(岡山心理学会第65回大会)
9. 2017/12/10 子どもの気質特徴に合った親子ふれあい遊びプログラムの開発~保護者の思いと期待から~(第61回岡山県小児保健研究会総会及び研究発表会)
10. 2017/09/20 子どもの気質に適合したベビーマッサージが育児自己効力感に及ぼす影響(日本心理学会第81回大会)
全件表示(87件)
■ 社会における活動
1. 2019/07~2019/08 埼玉県国公立幼稚園・こども園教育研究会
2. 2016/04~2017/03 熊谷市暑さ対策事業「暑さに強い子”かんげき”事業」
3. 2014/01 倉敷市立短期大学子育てカレッジ専門研修講師
4. 2013/07~2013/09 府中市保育所職員研修会講師
5. 2012/09 岡山県児童健全育成活動指導者研修会講師
6. 2011/08~2015/03 国際ソロプチミスト児島「10代の主張弁論大会」審査委員長
7. 2011/07~2012/02 倉敷市保育協議会「提案部会」助言者
8. 2011/01 倉敷市市民学習センターイクメン講座講師
9. 2010/10~2015/03 作陽保育園運動会「親子でいっしょに(親子体操)」講師
10. 2010/07 倉敷市企画財政局主催倉敷市大学連携事業講師
全件表示(16件)
■ 講師・講演
1. 2019/09/05 幼児が夢中になる運動遊び(埼玉県立総合教育センター)
2. 2019/08/01 生活や遊びの中で楽しく体を動かすために(埼玉県県民活動総合センター)
3. 2019/02/16 幼児期の運動遊びが心と身体に与える影響(埼玉県東松山市)
4. 2017/10/21 仲間を信じて、ゲームをクリア!こころと体を使った仲間づくりゲーム(立正大学熊谷キャンパス)
5. 2017/08/10 身のこなし、からだの使い方を育む運動遊び(立正大学熊谷キャンパス)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2020/03  幼児を対象とした運動あそび場の企画・運営が学生の教師(保育者)効力感に与える影響 その他の補助金・助成金 
2. 2017/04~  子どもの気質特徴に合った育児支援策としての親子ふれあい遊びプログラムの開発 基盤研究(C) 
3. 2014/03~2017/03  主観的・客観的評価に基づく親子ふれあい運動の効果検証 基盤研究(C) 
4. 2009/04~2012/03  運動を通した母子健康支援システムに関する研究 若手研究(B) 
5. 2008/04~2011/03  幼児・児童の健康づくりシステムの構築 基盤研究(A) 
6. 2007/04~2009/03  子育て期の母親に対する運動プログラムの開発 若手研究(B) 
■ 学歴・取得学位
1. 2000/04~2003/03 筑波大学大学院 体育科学研究科博士課程 博士課程単位取得満期退学
2. 2000/04~2002/03 筑波大学大学院 修士課程修了 修士(体育科学)
■ 所属学会
1. 2020/04~ 日本乳幼児教育・保育者養成学会
2. 2016/06~ 川崎医療福祉学会
3. 2016/05~ 日本パーソナリティ心理学会
4. 2015/12~ 日本心理学会
5. 2015/07~ 保育教諭養成課程研究会
6. 2015/04 日本子ども学会
7. 2015/04 日本発育発達学会
8. 2014/08~ 日本こども環境学会
9. 2006/08~ 日本幼児体育学会
10. 2006/08~ ∟ 理事
全件表示(19件)
■ 主要授業科目
領域[健康]、保育内容の指導法[健康]、保育内容の理解と方法[身体表現]、初等体育、初等教科教育法[体育]、幼稚園実習1、幼稚園実習1の指導法