(最終更新日:2020-09-11 11:12:53)
  ヤマモト ヒトシ   HITOSHI YAMAMOTO
  山本 仁志
   所属   経営学部 経営学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:社会情報システム、エージェント・ベース・シミュレーション、 
■ 論文
1. 論文  Justified defection is neither justified nor unjustified in indirect reciprocity PLOS ONE 15(6),pp.e0235137 (共著) 2020/06Link
2. 論文  Hybrid Assessment Scheme Based on the Stern-Judging Rule for Maintaining Cooperation under Indirect Reciprocity Games 11(1),pp.13 (共著) 2020/02Link
3. 論文  レギュラーネットワーク上の規範と協力の共進化ダイナミクス 社会情報学 8(2),35-46頁 (単著) 2019/12Link
4. 論文  Effect of voluntary participation on an alternating and a simultaneous prisoner's dilemma Physical Review E 100(3),pp.032304 (共著) 2019/09Link
5. 論文  A belief in rewards accelerates cooperation on consumer-generated media Journal of Computational Social Science pp.1-13 (共著) 2019/07Link
6. 論文  News audience fragmentation in the Japanese Twittersphere Asian Journal of Communication 29(3),pp.274-290 (共著) 2019/04Link
7. 論文  規範エコシステムアプローチによる規範と協力の共進化メカニズム 人工知能学会誌 34(2),160-167頁 (単著) 2019/03
8. 論文  Evolution of Cooperation with Peer Punishment under Prospect Theory Games 10(1),pp.11 (共著) 2019/02Link
9. 論文  Effects of beliefs about sanctions on promoting cooperation in a public goods game Palgrave Communications 4(1),pp.148 (共著) 2018/12Link
10. 論文  Experimental evidence of selective inattention in reputation-based cooperation Scientific Reports 8,pp.14813 (共著) 2018/10Link
全件表示(48件)
■ 著書・その他
1. 著書  Ohsawa, Y. et al.(Eds.), Advances in Artificial Intelligence. JSAI 2019. Advances in Intelligent Systems and Computing, vol 1128.  pp.55-65 (共著) 2020/02Link
2. 著書  T. Terano et.al(Eds.), Agent-Based Simulation: From Modeling Methodologies to Real-World Applications, Springer  pp.48-57 (共著) 2005/10
3. 著書  R. Falcone et al. (Eds.): Trusting Agents for Trusting Electronic Societies: Theory and Applications in HCI and E-Commerce, Springer  pp.218-234 (共著) 2005/09
■ 学会発表
1. 2020/09/06 新型コロナウィルスによる外出自粛の規定要因:社会的ジレンマの枠組みを用いた分析(2020年社会情報学会学会大会)
2. 2020/09/06 資源の多寡と協力行動 -囚人のジレンマを用いた分析-(2020年社会情報学会学会大会)
3. 2020/01/31 囚人のジレンマにおいて資源の多寡が相手選択と協力行動に与える影響(第26回社会情報システム学シンポジウム)
4. 2020/01/31 公共財ゲームにおいて罰の強度の非対称性が協力に与える効果(第26回社会情報システム学シンポジウム)
5. 2019/11/09 間接互恵状況において異なる社会階層に対して期待する規範(日本社会心理学会第60回大会)
6. 2019/06/06 Effect of Visible Meta-Rewards on Consumer Generated Media(2019年度人工知能学会全国大会)
7. 2019/01/31 規範と協力の共進化に対する規範エコシステムアプローチ(第25回社会情報システム学シンポジウム)
8. 2019/01/31 返報と恩送りに公正世界信念が与える影響(第25回社会情報システム学シンポジウム)
9. 2019/01/08 An analysis of social dilemma in the moral AI society(52nd Annual Hawaii International Conference on System Sciences)
10. 2018/08/29 間接互恵における評判情報の参照戦略の分析(日本社会心理学会第59回大会)Link
全件表示(166件)
■ 受賞学術賞
1. 2019/06 人工知能学会 2019年度 人工知能学会全国大会優秀賞(国際セッション口頭発表部門) (Effect of Visible Meta-Rewards on Consumer Generated Media)
2. 2012/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012(JAWS2012) 最優秀論文賞 受賞
3. 2011/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS2011) 最優秀論文賞
4. 2010/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010ベストポスター賞,ベストプレゼンテーション賞
5. 2006/09 日本社会情報学会 第20回全国大会 研究発表賞受賞
6. 2006/09 日本社会情報学会 平成18年度論文奨励賞受賞
7. 2005/09 日本社会情報学会 第19回全国大会 研究発表賞受賞
8. 2004/09 日本社会情報学会、平成16年度大学院学位論文賞(博士論文、論文奨励賞)
9. 2001/10 日本社会情報学会 第15回全国大会 研究発表賞受賞
10. 1998/06 経営情報学会 1997年秋季全国研究発表大会 大会発表賞受賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/06~2021/03  人・AI混在環境における人の道徳判断基準の進化の解明 挑戦的研究(萌芽) 
2. 2019/04~2022/03  情報コストゼロ社会における過剰懲罰とリスク軽減のための社会制度設計 基盤研究(B) 
3. 2018/04~2022/03  AI規範の確立に向けた規範エコシステムの理論的・実証的メカニズムの解明 基盤研究(B) 
4. 2017/04~2021/03  監視の強化は規範意識に影響を 与えるか:監視システムの理論化と実証分析 基盤研究(B) 
5. 2016/04~2019/03  高次報酬懲罰系による社会的ジレンマの解決 基盤研究(B) 
6. 2015/04~2019/03  ソーシャルメディアにおける世論の極化メカニズムの解明 基盤(C)特設分野研究 
7. 2014/04~2017/03  地域SNSを基盤とした災害時支援コミュニティシミュレータの開発 基盤研究(C) 
8. 2013/04~2015/03  ツイッター上の情報流による世論形成過程 その他の補助金・助成金 
9. 2011/04~2013/03  SNSにおける導入効果および活性化メカニズムの解明と支援ツールの構築 基盤研究(C) 
10. 2010/04~2013/03  ソーシャル・メディアによる組織コミュニケーションの有効性に関する研究 基盤研究(B) 
全件表示(14件)
■ 学歴・取得学位
1. 2000/10~2003/09 電気通信大学大学院 情報システム学研究科博士後期課程 博士課程修了 博士(工学)
■ 所属学会
1. 2017~ 日本数理生物学会
2. 2014/04~ 電気学会
3. 2012~ 日本社会心理学会
4. 2000/04~ 日本社会情報学会