(最終更新日:2020-10-13 13:51:24)
  ハラ シンジョウ   SHINJYO HARA
  原 愼定
   所属   仏教学部 宗学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:日蓮教学、 
■ 論文
1. 論文  日蓮教学における罪と救い 日本仏教学会年報 (83),125-147頁 (単著) 2018/08/31
2. 論文  日蓮教学における滅罪の論理 日蓮教学をめぐる諸問題 : 北川前肇先生古稀記念論文集  (単著) 2018/03
3. 論文  日蓮教学における自己批判の要素について 立正大学大学院紀要 (33),1-18頁 (単著) 2017/03
4. 論文  日蓮聖人の苦難をめぐる一試論 : ヴィクトール・フランクルの思想を視座として 日蓮教学研究所紀要 (42),1-25頁 (単著) 2014
5. 論文  Reflectionson on Nichiren’s Interpretation of the Story of Ajātaśatru 法華経の普遍性・国際性―第7回国際法華経学会論文集  (単著) 2013/03
6. 論文  Nichiren's Sense of Transgression and Mission 大崎学報 (168),pp.1-23 (単著) 2012/03
7. 論文  日蓮の批判精神について 印度学仏教学研究 59(1),1-11頁 (単著) 2010/12
8. 論文  日蓮教学における順縁と逆縁について 冠 賢一先生古稀記念論文集『日蓮教学教団史論集』  (単著) 2010/10
9. 論文  『立正安国論』と「法華経の行者」意識について ―謗法の罪を視点として― 小松邦彰先生古稀記念論文集 日蓮教学の源流と展開 115-139頁 (単著) 2009/10
10. 論文  日蓮教学における「以信代慧」の論理 日本仏教学会年報 (73),155-171頁 (単著) 2008/07
全件表示(21件)
■ 著書・その他
1. 著書  法華経の信心~久遠釈尊からの要請に生きる~   (単著) 2020/02
2. 著書  法華経の事典   (共著) 2013/03
3. 著書  傍訳 日蓮聖人御遺文 立正安国論   (共著) 2004/01
4. 著書  日蓮教学における罪の研究   (単著) 1999/03
5. 著書  日蓮聖人全集 第6巻 信徒1   (共著) 1995/08
6. その他 セッションNo.5の発表に対するコメント 日本佛教学会年報 (84) (単著) 2019/08
7. その他 『開目抄』に語られる信仰世界 正法  (単著) 2019/07
8. その他 (書評) 佐藤妙晃著『『立正安国論』の書誌学的研究』 日蓮教学研究所紀要 (43),178-180頁 (単著) 2015
9. その他 提婆達多とわたくし 仏教文化のダイナミズム 239-274頁 (単著) 2005/03
10. その他 罪意識と使命感 日本の名僧12 法華の行者 日蓮 144-166頁 (単著) 2004/01
■ 学会発表
1. 2018/09/04 「仏教と人間―「日本」的な仏教の特性―」第5セッションのコメンテーター(日本佛教学会 平成30年度第88回学術大会)
2. 2018/07/25 日蓮教学における仏種論の一断面(日蓮教学研究所月例研究会)
3. 2017/10/25 日蓮教学における滅罪の論理(法華経文化研究所例会)
4. 2017/09/06 日蓮教学における罪と救い」(日本佛教学会2017年度第87回学術大会)
5. 2010/09 日蓮の批判精神について(日本印度学仏教学会学術大会)
6. 2007/09 日蓮教学における「以信代慧」の論理(日本仏教学会)
7. 2005/03/27 Notion of Sin Within Buddhism upon the Lotus Sutra(第19回国際宗教学宗教史会議(IAHR 2005 TOKYO))
8. 2004/08/06 Reflections on Nichiren's Interpretation of the Story of Ajatasatru(第6回国際法華経学会)
■ 受賞学術賞
1. 2008/02 日蓮宗綜合財団奨励賞(学術研究部門)
2. 2000/09 第42回日本印度学仏教学会賞
3. 1999/11 望月学術賞
4. 1985/10 四條学術奨励賞
■ 社会における活動
1. 日本佛教学会「令和元年度第89回学術大会(佛教大学)」共同研究テーマの企画・プログラム作成・大会運営
2. 2019/04 立正和協会主催「久保山慰霊祭」の企画・運営・実施(神奈川県横浜市西区久保山 一休庵にて、令和元年4月22日)
3. 2018/08 「第70回 灯籠流し」の企画・運営・実施(神奈川県横浜市中区末吉町 大岡川河畔にて、平成30年8月23日)
4. 2018/04 立正和協会主催「久保山慰霊祭」の企画・運営・実施(神奈川県横浜市西区久保山 一休庵にて、平成30年4月4日)
5. 2017/09~2017/09 日本佛教学会2017年度第87回学術大会、共同研究テーマ「人間とは何か 人間定義の新次元へ―仏教から見る「人間」定義の新次元―」大会運営
6. 2017/08 「第69回 灯籠流し」の企画・運営・実施(神奈川県横浜市中区末吉町 大岡川河畔にて、平成29年8月22日)
7. 2017/04 立正和協会主催「久保山慰霊祭」の企画・運営・実施(神奈川県横浜市西区久保山 一休庵にて、平成29年4月20日)
8. 2016/08 「第67回 灯籠流し」の企画・運営・実施(横浜市中区末吉町 大岡川河畔にて、平成28年8月27日)
9. 2016/04 立正和協会主催「久保山慰霊祭」の企画・運営・実施(横浜市西区久保山 一休庵にて、平成28年4月12日)
10. 2003/04~2009/03 堀之内茗谷栴檀林講師
全件表示(11件)
■ 講師・講演
1. 2019/11/05 苦難の意義(立正大学品川キャンパス)
2. 2018/03/05 お題目の意義について(日蓮聖人銅像護持教会 福岡県福岡市)
3. 2018/01/22 日蓮宗の勤行について(品川キャンパス)
4. 2018/01/15 日蓮宗の基礎知識について(品川キャンパス)
5. 2017/10/02 大曼荼羅御本尊の意義(博多サンヒルズホテル 福岡県福岡市)
6. 2017/07/24 日蓮の謗法観と阿闍世解釈 ―親鸞教学との接点を求めて―(龍谷大学大宮キャンパス 京都府京都市)
7. 2017/07/21 海外布教の先師に学ぶ―旭日苗と茨木日水を中心に―(品川キャンパス)
8. 2017/06/30 海を渡った日本人と日本の宗教(品川キャンパス)
9. 2017/06/15 『立正安国論』と建学の精神(品川キャンパス)
10. 2017/04 日蓮聖人のこころ(14)~(15)(平成29年4月~平成29年7月、月例常会にて計3回)(神奈川県横浜市)
全件表示(29件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   日蓮教学における罪と救い 個人研究 
■ 学歴・取得学位
1. 1985/04~1989/03 立正大学大学院 文学研究科博士後期課程 仏教学 博士課程単位取得満期退学
2. 2002/10/09
(学位取得)
立正大学大学院 博士(文学)
3. 1982/04~1985/03 立正大学大学院 文学研究科 仏教学 修士課程修了 文学修士
■ 所属学会
1. 2001/04~ 宗教倫理学会
2. 1997/04~ 仏教文学会
3. 2002/04~2004/03 ∟ 支部事務局委員
4. 1986/04~ 日本仏教学会
5. 2013/04~ ∟ 常務理事
6. 2016/09 ∟ 大会運営:日本佛教学会平成28年度学術大会(相愛大学、平成28年9月6・7日)
7. 2018/09 ∟ 大会運営:日本佛教学会平成30年度学術大会(同朋大学、平成30年9月4・5日)
8. 1985/04~ 日本宗教学会
9. 1983/04~ 日本印度学仏教学会
10. 2010/04~2013/03 ∟ 理事
全件表示(15件)