(最終更新日:2020-07-23 16:38:12)
  トモナガ ショウジ   SHOJI TOMONAGA
  友永 昌治
   所属   文学部 社会学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
情報学基礎, 統計科学 (キーワード:プログラミング言語、統計科学、情報数学、数理社会学、統計学、) 
■ 論文
1. 論文  マルチエージェント・シミュレーションによる社会理解 立正大学人文科学研究所年報 (53),19-32頁 (単著) 2016/03
2. 論文  大学改革最中における本共同研究の位置付け 立正大学人文科学研究所年報 別冊(19),1-10頁 (単著) 2015/06
3. 論文  立正大学情報メディアセンター年報 第1号   (共著) 2012/10
4. 論文  アフィン・ワイル 群環の環論的性質 立正大学文学部論叢 (132),1-16頁 (単著) 2011/02
5. 論文  Excelにみる学習環境と高校情報の大学への影響 平成19年度大学教育・情報戦略大会 138-139頁 (共著) 2007/09
6. 論文  AHPにおける中間階層の重要度の推定と評価 パソコンリテラシ 31(2),19-25頁 (単著) 2006/02
7. 論文  有限半束における記号力学的性質 立正大学文学部研究紀要 (21),1-10頁 (単著) 2005/03
8. 論文  ALS患者とパソコン パソコンリテラシ 30(1),13-18頁 (共著) 2005/01
9. 論文  学生のケータイを用いたコミュニケーション意識と教育 平成16年度文部科学省主催情報処理教育研究集会講演論文集 39-42頁 (共著) 2004
10. 論文  <論説>L.F. リチャードソンの軍拡競争モデル 立正大学文学部論叢 (115),51-65頁 (単著) 2002/03
全件表示(25件)
■ 著書・その他
1. 著書  質的調査ガイドブック(改訂版) 質的調査ガイドブック(改訂版) 145-163頁 (共著) 2018/03
2. 著書  質的研究ガイドブック 質的研究ガイドブック 105-124頁 (共著) 2008/06
3. 著書  COBOL/SAS/muMATH活用法 - MS-DOSと事務・統計・数式   (共著) 1986/12
4. その他 立正大学図書館におけるラーニングコモンズのポリシーと将来展望 立正大学eラーニング研究会  (単著) 2017/10
5. その他 全学セキュリティ確保への取組み:2015 パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集  (共著) 2015/12
6. その他 数理的手法による社会理解 立正大学人文科学研究所定例発表会  (単著) 2015/10
7. その他 マルチエージェント・シミュレーションによる東京都知事選挙の分析 パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集 9,4頁 (共著) 2014/12
8. その他 全学セキュリティ確保への取組み パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集 9,4頁 (共著) 2014/12
9. その他 立正大学における学修支援の取り組み 大学教育と情報 2014年度(1),26-29頁 (単著) 2014/06
10. その他 大学情報システムにおけるクラウド基盤構築への取り組み パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集 8,187-190頁 (共著) 2013/12
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2006/11/25 高校の出身校にみるExcel習熟度の相違(平成18年度情報処理教育研究集会)
2. 2006/11/25 情報リテラシ教育における学生属性の語る学生意識について(平成18年度情報処理教育研究集会)
3. 2006/11/25 大学情報リテラシ履修者のExcel習熟度と学習レリバンス(平成18年度情報処理教育研究集会)
4. 2006/09/06 情報教育における学習環境の影響と学生の意識(平成18年度大学教育・情報戦略大会)
5. 2005/03/05 ALS受容の場としてのPC環境(第22回パーソナルコンピュータユーザ利用技術研究発表会)
6. 2004/11/27 学生のケータイを用いたコミュニケーション意識と教育(平成16年度情報処理教育研究集会)
7. 2003/11/08 ALS患者におけるコンピュータの利用とその実態(平成15年度情報処理教育研究集会)
8. 2003/11/08 ケータイによるコミュニケーションを視野に入れた教育(平成15年度情報処理教育研究集会)
■ 受賞学術賞
1. 2005/03 第22回PCUA研究発表会『ALS受容の場としてのPC環境』優秀研究発表賞受賞
■ 講師・講演
1. 2017/10/14 立正大学図書館におけるラーニングコモンズのポリシーと将来展望
2. 2012/12/08 大学教育,ICT,そしてクラウド
3. 2004/10/23 The number of binary sequences without long consecutive 0s and 1s
4. 2004/10/23 拡張オイラー関数から導来する完全対数関数について
5. 2004/10/23 有限半束の諸相
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011~2013  「メディア情報空間を活用した体験授業プログラムの研究」人文研共同研究 機関内共同研究 
■ 学歴・取得学位
1. 1977/04~1979/03 上智大学大学院 理工学研究科 数学 修士課程修了 理学修士
■ 所属学会
1. 2006/06~ パーソナルコンピュータ利用技術学会
2. 2006/06~ ∟ 常任理事
3. 1993/09~ 情報文化学会
4. 1990/09~2006/06 パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会
5. 1990/09~2004/09 ∟ 編集委員
6. 2004/10~2006/06 ∟ 運営委員
7. 1986/09~ 日本数学会
8. 1986/08~ 日本ソフトウェア科学会
■ 主要授業科目
情報数学