(最終更新日:2022-05-30 16:37:52)
  ミヤガワ コウゾウ   KOZO MIYAGAWA
  宮川 幸三
   所属   経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:経済統計学、計量経済学、観光経済学、 
■ 論文
1. 論文  産業構造の特性に関するネットワーク分析 経済学季報 71(1),39-65頁 (共著) 2021/08
2. 論文  サービス分野の生産物分類と「経済センサス-活動調査」 統計 72(4),10-18頁 (単著) 2021/04
3. 論文  An Empirical Study of the Impact of Mega-events
on the Number of Inbound Tourists 経済学季報 69(2),35-73頁 (共著) 2019/10
4. 論文  生産物分類の必要性と北米生産物分類(NAPCS) 研究所報 (50),1-10頁 (単著) 2019/01
5. 論文  Benchmark 2011 Integrated Estimates of the Japan-U.S. Price Level Index for Industry Outputs https://www.bea.gov/research/papers/2018/benchmark-2011-integrated-estimates-japan-us-price-level-in  (共著) 2018/10
6. 論文  産業連関体系のリバランスとGDP評価-商業マージン表の改訂に向けた一試論 経済統計研究 46(1),29-55頁 (共著) 2018/06
7. 論文  産業連関表の商業マージン推計における諸課題と精度改善に向けた考察 経済統計研究 45(3),23-52頁 (共著) 2017/12
8. 論文  小地域の観光経済規模推定手法の開発―鉄道駅・路線別GDPの試算― 研究所報 (49),29-44頁 (単著) 2017/08
9. 論文  日本の卸売・小売サービスは高いのか―商業統計マイクロデータに基づくマージン率推計と日米価格差 経済産業研究所:RIETI Discussion Paper Series (17-J-026) (共著) 2017/03
10. 論文  Development and Challenge of the Japan-Korea-China International Input-Output Table 経済学季報 66(1・2),89-104頁 (共著) 2016/11
全件表示(48件)
■ 著書・その他
1. 著書  統計でみる日本2022  222-233頁 (共著) 2022/01
2. 著書  Benchmark 2011 integrated estimates of the Japan-US price-level index for industry outputs Measuring Economic Growth and Productivity (Edited by B. M. Fraumeni) (12),251-281頁 (共著) 2019/12
3. 著書  日中連関構造の経済分析   (共著) 2016/01
4. 著書  政党政治の混迷と政権交代  137-152頁 (共著) 2011/12
5. 著書  アメリカ経済センサス研究   (共著) 2008/09
6. 著書  中国の地域産業構造分析   (共著) 2008/08
7. 著書  講座ミクロ統計分析 4企業行動の変容 ミクロデータによる接近  139-185頁 (共著) 2003/05
8. 著書  参入・退出と多角化の経済分析-工業統計データを用いた実証理論研究-   (共著) 2003/03
9. その他 令和3年経済センサス-活動調査への期待 明日への統計2021  (単著) 2021/04
10. その他 統計改革の現状―日本のGDPは過小なのか?- 三色旗 (2019年2月) (単著) 2019/02
全件表示(38件)
■ 学会発表
1. 2021/10 デジタル・エコノミーの進展と商業活動の変化に関する産業連関分析(環太平洋産業連関分析学会)
2. 2021/10 中国における垂直分業構造の変化―地域産業連関表による実証分析(環太平洋産業連関分析学会)
3. 2019/09 日本の生産物分類-現在までの取り組みと今後の課題-(経済統計研究会)
4. 2019/09 流通形態の変化と商業活動の統計的把握(経済統計学会第63回全国研究大会)
5. 2018/11 生産物分類の必要性と北米生産物分類体系 (NAPCS)(環太平洋産業連関分析学会第29回全国大会)
6. 2018/09 生産物分類の必要性と北米生産物分類(NAPCS)(経済統計学会第62回全国研究大会)
7. 2018/02 商業活動の統計的把握―商業統計マイクロデータを用いた商業マージンの推計―(平成29年度研究集会「ミクロデータから見た我が国の社会・経済の実像」)
8. 2017/10 製造業の衰退と地域経済への影響―地域経済構造分析DBを活用して―(日本地域学会第54回年次大会)
9. 2017/06 商業活動の統計的把握に関する一考察(経済統計学会東北・関東支部例会)
10. 2017/03/21 「東京都産業連関表と地域産業連関分析」コーディネーター(第4回産業連関分析セミナー)
全件表示(35件)
■ 社会における活動
1. 2021/11 <データサイエンスコース応用編>産業連関分析研修 講師
2. 2021/07 <統計実務コース>統計実務基礎研修 講師
3. 2021/04~2022/03 総務省 統計研修所 客員教授
4. 2021/04~2022/03 東京都産業連関表理論指導
5. 2021/04~2022/03 法政大学日本統計研究所 客員研究員
6. 2019/11 統計研修 本科(総合課程)講師
7. 2019/06 統計応用研修 講師
8. 2019/04~2020/03 慶應義塾大学産業研究所 訪問教授
9. 2019/04~2020/03 総務省統計研修所客員教授
10. 2019/04~2020/03 東京都産業連関表理論指導
全件表示(42件)
■ 講師・講演
1. 2018/02/16 人口・経済統計による豊岡市の地域経済分析(豊岡市市役所)
2. 2017/07/08 統計データから見た地域の観光と経済(立正大学熊谷キャンパス)
3. 2016/11/09 統計データから見た品川区の観光(立正大学品川キャンパス)
4. 2014/11 A Comparative Study on the Compilation Methods of TSA for Asian countries
5. 2014/06 Estimating establishment‐level tourism sales using the Regional Tourism Economic Survey and Geographical Information System
6. 2013/03 観光統計の体系と地域観光規模の把握
7. 2012/03 日中国際産業連関表を用いた日中貿易構造の実態に関する実証分析
8. 2011/11 Matrix Balancing for Input-Output Tables
9. 2009/03 我が国の観光統計をめぐる現状と課題
10. 2006/01 文化政策のためのスキルアップセミナー(政策研究大学院大学)
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  SUT体系における商業サービスの表章および推計手法に関する調査研究 基盤研究(C) 
2. 2018/04~2019/03  メガイベントが観光関連産業に及ぼす影響に関する実証分析 その他の補助金・助成金 
3. 2017/04~2020/03  商業活動の統計的把握に向けた一次統計のあり方に関する調査研究 基盤研究(C) 
4. 2017  大規模データを用いた観光が地域活性化に果たす役割に関する実証分析 国内共同研究 
5. 2016/08~2016/10  韓日中間産業別貿易の比較優位構造の変化分析 企業からの受託研究 
6. 2016/04~2017/03  観光が地域経済に及ぼす影響に関する計量分析 競争的資金等の外部資金による研究 
7. 2016/04~2017/04  日中韓の貿易構造変化と各国経済への影響-国際産業連関表による実証分析- その他の補助金・助成金 
8. 2015/05~2017/03  国際産業連関分析の実証的研究 企業からの受託研究 
9. 2015/04~2018/03  経済センサスの情報充実及び精度向上のための技法開発 基盤研究(C) 
10. 2013/04~2017/03  地理情報システムを利用した地域の観光GDP推計手法の開発 基盤研究(C) 
全件表示(15件)
■ 学歴・取得学位
1. 1999/04~2002/04 慶應義塾大学大学院 経済学研究科後期博士課程 博士課程単位取得満期退学
2. 1996/04~1999/03 慶應義塾大学大学院 経済学研究科 修士課程修了 修士(経済学)
3. 1992/04~1996/03 慶應義塾大学 経済学部 卒業 学士(経済学)
■ 所属学会
1. 2021/04~2022/03 環太平洋産業連関分析学会
2. 2021/04~2022/03 ∟ 監事
3. 2014/08~ The International Input-Output Association (IIOA)
4. 2012/05~ 日本地域学会
5. 1999/04~ 環太平洋産業連関分析学会
6. 2012/04~2016/03 ∟ 運営委員
7. 2016/04~2017/03 ∟ 第27回大会プログラム委員
8. 2017 ∟ 学会賞選考委員
9. 2018/04~2019/03 ∟ 総務委員会委員
■ 主要授業科目
統計学基礎、計量経済学、産業経済特論、学修の基礎