(最終更新日:2020-11-24 11:23:51)
  タサカ サツキ   SATSUKI TASAKA
  田坂 さつき
   所属   文学部 哲学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
哲学、倫理学 (キーワード:古代ギリシャ哲学、) 
■ 論文
1. 論文  ゲノム編集技術を用いた生殖補助医療における女性の身体のポリティクス 学術の動向 (10),60-64頁 (単著) 2020/10/01
2. 論文  ゲノム編集の生殖への応用をめぐる倫理問題 21世紀倫理創成研究 (13),1-25頁 (単著) 2020/03
3. 論文  ソクラテスの探究と産婆術-『テアイテトス』導入部(142a1 − 151d3 )の一解釈 立正大学大学院紀要 (35),1-18頁 (単著) 2020/03
4. 論文  PBL型「福祉ものづくり」の取り組み(デザイン思考と地域連携) (特集 春季/秋季 研究発表講演会優秀論文特集号) 日本設計工学会誌 54(8),502-504頁 (共著) 2019/08
5. 論文  古代ギリシア哲学における魂論と「心の哲学」 哲学誌 (61),1-5頁 (単著) 2019/03/25
6. 論文  ゲノム編集の倫理問題 立正大学人文科学研究所年報 (56),1-15頁 (単著) 2019/03
7. 論文  臨床哲学対話から生命倫理問題を問う 立正大学大学院紀要(文学研究科) (34),67-84頁 (単著) 2018/03
8. 論文  Loving and Knowing-On the interpretation of the Republic V: 474b3-480a13- 立正大学文学部研究紀要 (32),1-22頁 (単著) 2016/03
9. 論文  ダイモニオン的な仕事-「三一的解釈」とプラトンの中期から後期 『内在と超越の閾』加藤信朗米寿記念論文集 103-118頁 (単著) 2015/07
10. 論文  メディア情報空間を活用した臨床哲学対話 立正大学人文科学研究所年報 別冊 (19),39-55頁 (単著) 2015/06
全件表示(44件)
■ 著書・その他
1. 著書  哲学はじめの一歩 働く   (共著) 2017/03
2. 著書  『哲学 はじめの一歩』1  1,56-82頁 (共著) 2015/08
3. 著書  『哲学 はじめの一歩』3  95-126頁 (共著) 2015/08
4. 著書  高等学校 現代倫理―現代の社会を動かす思想―   (共著) 2013/03
5. 著書  技術のあり方をめぐる対話―プラトン『国家』とサービスラーニング 手川誠士郎先生古稀記念論文集編集委員会『存在の意味への探求』 61-90頁 (共著) 2011/03
6. 著書  桜井政成・津止正敏編『ボランティア教育の新地平』  215-224頁 (共著) 2009/10
7. 著書  『テアイテトス』研究―対象認知における「ことば」と「思いなし」の構造―   (単著) 2007/07
8. その他 国際学術交流報告 文学部国際学術交流招聘講演会の成果報告 立正大学文学部論叢 (143),157-163頁 (単著) 2020/03
9. その他 国際学術交流報告 文学部国際学術交流招聘講演会の成果報告 立正大学文学部論叢 (143),157-163頁 (単著) 2018/03
10. その他 「タウマゼイン」に始まる哲学 月刊『MOKU』 (10月号),74-81頁 (単著) 2013/10
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2013/12/14 創作と技術 ―プラトン『ポリテイア』10 巻を手がかりに―(MIPS)
2. 2012/11/25 難病患者との通信授業の有効性と課題―湘南工科大学「ボランティア論」を例として―(日本コンピュータ利用技術学会第7回大会)
3. 2012/10/27 当事者との対話を拓く生命倫理の授業―大会企画シンポジウム「生命倫理教育の再考」報告(日本生命倫理学会第24回年次大会)
4. 2011/12/03 科学技術のエートス―そのあり方と倫理を再考する―(科学技術社会論学会第10回大会)
5. 2010/05/16 一人ひとりの可能性を拓く協働の場としての福祉施設―訪問の家「朋」の実践から―(日本居住福祉学会第10回大会)
6. 2009/10/18 死生の現場における問答―古代ギリシアの哲学から日本倫理学会共同討議「死生観」提題(日本倫理学会第60回大会)
7. 2008/11/08 工学サービスラーニングにおける当事者の役割(科学技術社会論学会第7回大会)
8. 2007/09/01 「工学系大学におけるサービスラーニング-学ぶ意欲とリメディアル教育」招待講演(リメディアル教育学会大会第2回大会)
9. 2004/05/15 『テアイテトス』における「真なる思いなし(s)」(東京都立大学哲学会第28回大会)
10. 1997/06/07 感覚と思考―『テアイテトス』184b4―187a8の構造―(日本西洋古典学会 第48回大会)
全件表示(11件)
■ 社会における活動
1. 2012~2020/06 社会福祉法人訪問の家 第三者委員
2. 2010~ 株式会社清水書院高校倫理教科書執筆委員
3. 2009~ 社会福祉法人訪問の家 評議委員
4. 2006/04~2007/03 湘南短期大学外部評価委員
5. 2003/04~2004/03 独立行政法人大学入試センター試験問題作問委員(倫理)
■ 講師・講演
1. 2011/12/07 ボランティアを哲学する(相模女子大学)
2. 2011/07/08 体験・哲学対話「私にとって大切なこと」ゲストスピカー
3. 2010/06/25 社会のベットサイドで哲学を語る
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2121/03  臨床哲学対話から創生する異分野融合福祉ものづくり その他の補助金・助成金 
2. 2019/04~2022/03  ゲノム編集をめぐる倫理規範の構築を目指して ー科学技術イノベーションと人間の尊厳 基盤研究(B) 
3. 2018/04~2019/03  当事者研究と哲学対話によるものづくり研究 その他の補助金・助成金 
4. 2013~2016  現代における自由意志の問題―理論と実践の統一を目指して 基盤(C) 
5. 2011~2014  プラトン正義論の解釈と受容に関する欧文包括研究 基盤(B) 
6. 2008~2010  古代ギリシア正義論の欧文総合研究―プラトン『国家』とその伝統― 基盤B 
■ 学歴・取得学位
1. 2005/03/31
(学位取得)
東京都立大学大学院 博士(文学)
2. 1985/04~1990/03 東京都立大学大学院 人文科学研究科博士課程 哲学 博士課程単位取得満期退学
3. 1983/04~1985/03 東京都立大学大学院 人文科学研究科 修士課程修了 文学修士
4. 1979/04~1983/03 千葉大学 人文学部 哲学 卒業
■ 所属学会
1. 2011~ 日本カトリック教育学会
2. 2011~ 日本居住福祉学会
3. 2008~ 立正大学哲学会
4. 2008~ ∟ 理事
5. 2007~ 日本リメディアル教育学会
6. 1994~ 日本倫理学会
7. 2010~2012 ∟ 編集委員
8. 2013~ ∟ 評議委員
9. 1986~ 教父研究会
10. 2015/06 ∟ 運営委員
全件表示(18件)
■ 主要授業科目
上級演習 哲学演習 基礎演習 倫理学とは何か 古代中世哲学史