(最終更新日:2022-03-30 18:02:48)
  ニシタニ ヒサノリ   HISANORI NISHITANI
  西谷 尚徳
   所属   法学部 法学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
初年次教育, 大学教育, 教育社会学 (キーワード:文章表現、アカデミック・ライティング、PBL、フィールドワーク、アクティブ・ラーニング、コーオプ教育、) 
■ 論文
1. 論文  大学生が自己効力感を高める自己分析の一試論 青少年教育研究センター紀要第10号 (10),32-41頁 (単著) 2022/03
2. 論文  小学校における主権者教育の開発と実践―「品川コミュニティ・スクール」の協働型模擬選挙― 青少年教育研究センター紀要第7号 (7),52-61頁 (単著) 2019/03Link
3. 論文  文章力養成のためのルーブリック活用の教育的意義の検討―授業実践から見る教育手法― 京都大学高等教育研究第23号 (23),25-35頁 (単著) 2017/12Link
4. 論文  法学部初年次での公務員志望学生への小論文指導の一考察 ―初年次教育で公務員試験を見据えて― 立正法学論集 50(2),143-154頁 (単著) 2017/03
5. 論文  文章力養成の導入としてのストーリー創作(小説創作演習)-初年次教育の「文章作成プロセス」基礎形成 立正法学論集 47(1),129-158頁 (単著) 2013
■ 著書・その他
1. 著書  大学生のためのレポート作成ガイドブック   (単著) 2018/08
2. 著書  社会で活躍するためのロジカル・ライティング 自己分析と文章力の養成   (単著) 2016/04Link
3. 著書  国語表現Ⅱ   (単著) 2014/03Link
4. 著書  国語表現Ⅰ グリーンブックレット  (単著) 2013/03Link
5. その他 信州大学におけるレポート作成支援の取組み -初年次教育における実践につながる事例研究- 立正大学法制研究所研究年報 (22),39-43頁 (単著) 2017/03
■ 学会発表
1. 2020/09/04 文章教育における接続表現の指導改善の示唆-「なぜなら」「要するに」「したがって」を例に-(初年次教育学会 第13回大会)
2. 2019/09/08 文章表現における接続表現の使用に関する考察(初年次教育学会 第12回大会)
3. 2019/03/23 業務参画型コーオプ教育の実習プログラムと評価システムの開発に向けた教育実践(第25回大学教育研究フォーラム)
4. 2017/09/07 ルーブリック活用による自己評価で促す文章力養成 ―学生の主体的な学習活動を目指して―(初年次教育学会第10会大会)Link
5. 2017/03/19 教育機関との協働による法教育のアクティブ・ラーニング実践(第23回大学教育研究フォーラム)Link
6. 2014/09/27 ピア・エディティングによる教職体験学生の学びと成長 ー教職志望生の文章添削実践ー(日本教師教育学会 第24回研究大会)
7. 2014/09/04 グラウンデッド・セオリー・アプローチによる学修意欲・動機を高める文章表現講義の導入部デザイン(初年次教育学会 第7回大会)Link
■ 受賞学術賞
1. 2019/12 文部科学省 第13回キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰 (模擬選挙を通した主権者教育)Link
■ 社会における活動
1. 2022/02 Z世代が考える!「未来の都市農業」教育プロジェクトLink
2. 2021/04 書籍等に関する原稿その他のコンテンツの制作業務、企画・運営するセミナー・イベントへの出演業務等の継続的業務委託
3. 2020/10~ 講座・セミナー講師、トークイベント
4. 2019/04~ 農林水産省関東農政局 大学連携協働推進事業
5. 2018/12~2019/01 「ダイヤモンドアスリート(第5期,2018-2019)」プログラム講師
6. 2018/05~ 北海道日本ハムファイターズ:ファーム育成選手研修(講師)
7. 2017/09~ 明るい選挙推進協議会と大学生の協働による小・中学校での模擬選挙推進活動
8. 2017/08~ 法教育セミナー
■ 講師・講演
1. 2020/06/10 「自己分析」は意味があるか -分析結果から見えてくる人事管理-(JCCセミナールーム,オンライン受講)
2. 2018/08/20 法学セミナー(北海道女満別高等学校)
3. 2018/05/26 「食べる」から考える栄養・運動・健康(明治大学生田キャンパス 地域産学連携研究センター)
4. 2017/08/22 法学&防犯セミナー(北海道女満別高等学校)
5. 2016/10/15 「食べる」から考える運動・栄養・健康(千葉県成田市)
6. 2016/09/13 夢をかなえるために!(東京都品川区)
7. 2016/01/27 キャリア実現のための進路教育(埼玉県白岡市)
8. 2015/01/22 教員のリーダーシップ向上をめざして−キャリア教育の視点から−(埼玉県秩父市皆野町文化会館)
9. 2014/10/30 自己実現の方法とキャリアプラン設計
10. 2014/09/12 明治大学農学部技研懇話会基調講演及び共同研究会「農学における法課題の抽出と解決のための指針研究ー恊働学習と研究の視点からー」(明治大学生田校舎)
全件表示(19件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/12~2023/11  自己診断ツールを活用した学生及びプロ野球選手のキャリア教育 国内共同研究 
2. 2019/04~2020/03  業務参画型コーオプ教育におけるプログラム開発と構築のための実践研究 その他の補助金・助成金 
3. 2019/04~  大学連携協働推進事業 機関内共同研究 
4. 2017/04~2018/03  法教育と自治体との企画協働による学生主体の地域貢献 〜法的アクティブ・ラーニングの多様性を求めて〜 その他の補助金・助成金 
5. 2016/04~2017/03  学生のアクティブラーニングを可能にする授業特性を活かした地域貢献及び社会的活動としての学生教育の展開 企業からの受託研究 
6. 2016/04~2017/03  法学系の初年次教育における論理的技能養成のための開発と実践 その他の補助金・助成金 
■ 学歴・取得学位
1. 2008/04~2010/03 明星大学大学院 人文学研究科 教育学専攻 修士課程修了 修士(教育学)
2. 2001/04~2005/03 明治大学 文学部 文学科 卒業 学士(文学)
■ 所属学会
1. 2021/06~ 日本教育工学会
2. 2019/05~ 日本語学会
3. 2016/05~ 大学教育学会
4. 2013/08~ 初年次教育学会
■ 主要授業科目
アカデミック・ライティング、フィールドワーク、ゼミナール