(最終更新日:2020-10-19 13:41:54)
  タケウチ ダイ   DAI TAKEUCHI
  武内 大
   所属   文学部 哲学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:現象学、形而上学、西洋オカルティズム 
■ 論文
1. 論文  星の魔術 : その現象学的考察 立正大学哲学会『紀要』 (15),1-16頁 (単著) 2020/03
2. 論文  ジョン・ディーにおける創造の問い 実存思想論集 (31),101-116頁 (単著) 2016/06
3. 論文  Jon Dee's Scrying Magic Journal of International Philosophy International Research Center for Philosophy (5),pp.341-349 (単著) 2016/02
4. 論文  ジョン・ディーのスクライング魔術 国際哲学研究 (5),133-140頁 (単著) 2016/02
5. 論文  光を教育哲学する : プラトン、コメニウスからフィンク、パトチカへ 教育哲学研究 113,149-156頁 (共著) 2016
6. 論文  現象学的非存在論の可能性 : 時間・世界・イメージ 現象学年報 (26),55-65頁 (単著) 2010/11
7. 論文  形而上学的全一論とフィンクの現象学 フッサール研究 (3),239-248頁 (単著) 2005/03
8. 論文  オイゲン・フィンクの「生命」概念 実存思想論叢 (17),175-191頁 (単著) 2002/10
9. 論文  (翻訳)ハンス・ライナー・ゼップ著「〈脱-固有化〉を通じての〈固有化〉?: 現象学的還元のパラドックス」 思想 (916),41-59頁 (単著) 2000/10
10. 論文  非存在論と時間分析 : フィンクとハイデガーにおける「存在の意味」への問 白山哲学 (34),107-132頁 (単著) 2000/03
全件表示(16件)
■ 著書・その他
1. 著書  Lebendigkeit der Phänomenologie / Vitality of Phenomenology  246-259頁 (共著) 2019/05
2. 著書  現象学のパースペクティヴ  166-180頁 (共著) 2017/03
3. 著書  Aufnahme und Antwort: Phänomenologie in Japan I  78-87頁 (共著) 2011/05
4. 著書  Welt denken: Annäherung an die Kosmologie Eugen Finks  237-249頁 (共著) 2011/01
5. 著書  現象学と形而上学 : フッサール、フィンク、ハイデガー   (単著) 2010/02
6. 著書  哲学の歴史10 危機の時代の哲学 : 20世紀1 現象学と社会批判  177-180頁 (共著) 2008/03
7. 著書  哲学の現場、そして教育 世界の哲学者たちに聞く  239-256頁 (共著) 2007/10
8. 著書  Eugen Fink : Sozialphilosophie, Anthropologie, Kosmologie, Pädagogik, Methodik  325-330頁 (共著) 2006/12
9. 著書  Leben als Phänomen  121-128頁 (共著) 2006/05
10. 著書  自己意識の現象学 : 生命と知をめぐって  45-57頁 (共著) 2005/06
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2019/09 妖精の謎 : 明晰夢の現象学 (シンポジウム「夢の現象学 : 学際的アプローチ」提題者 : 渡辺恒夫、岡田斉、武内大、小野純一、麻生武)(質的心理学会)
2. 2019/07 星の魔術 : 現象学的元型論の展開(立正大学哲学会)
3. 2019/05 現象学的元型論の可能性(立正大学・人文科学研究会)
4. 2018/12 魔女の襲撃と飛行 : 睡眠麻痺の現象学 (提題者:岡田斉、渡辺恒夫、武内大、シンポジウム「夢の現象学」)(心の科学基礎論研究会)
5. 2017/07 明晰夢と魔術的現象(科研「夢の現象学」定例会)
6. 2017/06 Phenomenological Metaphysics of the World: Eugen Fink’s Meontic(コメンテーター:钱立卿)(International conference:What is Phenomenology? Ideas from East Asia)
7. 2016/01 魔術的想像力の現象学(東洋大学国際哲学研究センター第二ユニット部会)
8. 2015/10 フィンクの光の形而上学批判と教育学(提題者:相馬伸一、武内大 特定討論者:井谷信彦 オーガナイザー:田端健人 ラウンドテーブル「光を教育哲学する : プラトン、コメニウスからフィンク、パトチカへ」)(教育哲学会・第58回大会)
9. 2015/03 ジョン・ディーにおける数と創造の問題(実存思想協会研究会)
10. 2014/09 ジョン・ディーの自然哲学と魔術(日本宗教学会、第73回学術大会)
全件表示(25件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  意識変容の現象学 哲学・数学・神経科学・ロボティクスによる学際的アプローチ 基盤研究A 
2. 2020/04~  幻視の現象学 個人研究 (キーワード:魔女 妖精 幻視体験)
3. 2017/04~2020/03  夢の現象学 基盤研究(C) 
4. 2014/04~2015/03  仮想世界における身体の変容 井上円了記念研究助成金 (キーワード:ポスト・ヒューマン ヴァーチァル・リアリティー)
5. 2011/04~2016/03  国際哲学研究センターの形成-多元化した地球社会における新たな哲学の構築 (個人研究課題 「幻想的イメージに関する方法論研究」) 国内共同研究 
6. 2009/04~2010/03  想像力と無意識の現象学 井上円了記念研究助成金 (キーワード:ユング心理学 メスメリズム 魔術)
■ 所属学会
1. 2019/09~ 質的心理学会
2. 2019~ 立正大学哲学会
3. 2015/04~ 教育哲学会
4. 2014/06~ 日本宗教学会
5. 2012/09~ 国際井上円了学会
6. 2009/04~ 日本倫理学会
7. 1998/09~ メルロ=ポンティ・サークル
8. 1998/06~ 実存思想協会
9. 2009/04~ ∟ 幹事
10. 2020 ∟ 編集委員
全件表示(15件)
■ 主要授業科目
学修の基礎Ⅰ、ドイツ語原典購読、哲学演習