(最終更新日:2022-07-17 01:00:08)
  カメイダイチ リエコ   RIEKO KAMEI-DYCHE
  亀井ダイチ 利永子
   所属   データサイエンス学部 データサイエンス学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
日本文学, 日本史, 外国語教育 (キーワード:前近代日本史、日本古典文学、英語教育、日本事情) 
■ 論文
1. 論文  「日本史を英語で学ぶ」とはどういうことか:All English Programの授業実践とその指導法 立正大学文学部論叢  (単著) 2021/03
2. 論文  A Literary Lens on Social Lives: The Spectrum of Commoners Depicted in Sand & Pebbles 立正大学文学部研究紀要 36 (単著) 2020/03
3. 論文  歴史用語の英訳に関する諸問題 : 『五代帝王物語』の基礎英訳を通して 立正大学人文科学研究所年報 (56),45-54頁 (単著) 2019/03
4. 論文  Prescribed Roles of Women in Medieval Japanese Buddhism:
As Represented in the Tale of the Heike   (単著) 2017/03
5. 論文  英語圏における前近代日本史のあゆみ:北米のアカデミアを中心に   (単著) 2017/03
6. 論文  Depicting Authority: Cultural Capital in the Early Medieval Japanese Court The Annals of the Faculty of Foreign Languages and Literatures (16),pp.251-266 (単著) 2016/09
7. 論文  An Engagement with the Scholarship on Mitogaku, from the 1930s to the Present  (10),pp.74-146 (単著) 2016/03Link
8. 論文  Uncovering Doorways to the Conceptual World of Medieval Japan: Comparing Kanseki in the Kakuichi and Engyō Variants of the Heike Monogatari  (8),pp.125-170 (単著) 2014/03Link
9. 論文  世界遺産から見た日本:鎌倉ー本当にHome of Samuraiだったのか?   (単著) 2014/03
10. 論文  From Darkness into Light: An Engagement with the Historiography of the Tokugawa Court  6,pp.59-117 (単著) 2014
全件表示(12件)
■ 著書・その他
1. 著書  Land, Power, and the Sacred: The Estate System in Medieval Japan   (共著) 2018/07
2. 著書  英語好きな子に育つ たのしいお話365: 遊んでみよう、聞いてみよう、話してみよう 体験型読み聞かせブック   (共著) 2016/12
3. 著書  Birth and Death in the Royal House: Selections from Fujiwara no Munetada's Chūyūki   (共著) 2015
4. その他 千葉県立高等学校における男女共学制の検討(論文要旨英訳) 総合女性史研究 39 (単著) 2022/03
5. その他 Concerning Josaimon-in Toshi (和文英訳:植村優恵「上西門院統子論」論文要旨) 総合女性史研究 (38) (単著) 2021/03
6. その他 国際学術交流報告:CARMEN Annual Meeting 2019(プラハ) 立正大学文学部論叢 (144) (単著) 2021/03
7. その他 What can Japan's History Contribute to World History?(英文和訳) 比較日本学教育研究部門研究年報 (16),8-14頁 (単著) 2020/03
8. その他 オーストラリアでの国際学会参加報告:Asian Studies Association of Australia Conference 2018 立正大学文学部論叢 143,145-156頁 (単著) 2020/03
9. その他 研究事例紹介04:「英語で学ぶ日本史の効果的指導に関する研究:語学力向上と国際的視野育成の観点から」
語学教育と海外の日本史研究を組み合わせて新たな教材開発へ 立正大学総合案内2020 8-8頁 (単著) 2020
10. その他 英語版『えほん合掌』(英文校閲) えほん合掌   2019/12
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2019/09/05 Networking among Noble Families: Cases from the Japanese Medieval Experience(Co-operative for the Advancement of Research through a Medieval European Network)
2. 2019/06/29 A Literary Lens on Social Lives: The Spectrum of Commoners in Medieval Tales(The Asian Studies Conference Japan)
3. 2018/07 Collecting and Preserving: Kanazawa Bunko and the Role of Libraries in Medieval Japan(The Society for the History of Authorship, Reading and Publishing Annual Conference)
4. 2018/07 Music and Cultural Capital Networks in the Medieval Japanese Court(Biennial Conference of the Asian Studies Association of Australia)
5. 2018 歴史用語の英訳に関する諸問題 : 『五代帝王物語』の基礎英訳を通して(立正大学人文科学研究所研究発表会)
6. 2017/09 Navigating Literary Landscapes: The Evolution of Approaches to Literature in Japanese Historical Scholarship(Making of Humanities VI)
7. 2016/10/15 Conflict and Conciliation in Early Medieval Japan: Rethinking Court-Bakufu Relations from the Perspective of Families(Association for Asian Studies, Southwest Conference)
8. 2016/06/29 北米における前近代日本史の教育と研究の諸相(立正大学人文科学研究所新任教員発表会)
9. 2015/09 Depicting Authority: Cultural Capital in the Early Medieval Japanese Court(Japan- Premodern, Modern and Contemporary)
10. 2013/06 世界遺産から見た日本:第2回「鎌倉――本当に “Home of the Samurai” だったのか?」
全件表示(18件)
■ 社会における活動
1. 2017/10 翻訳セミナー 「歴史用語の英訳の現状と課題」 ― 日本文化を世界に発信する試みとして ―
2. 2017/04~ 日本史用語グロッサリーの蓄積と改良にむけて
■ 講師・講演
1. 2022/06/01 『鎌倉殿』と関東申次:西園寺公経とその一族の戦略
2. 2021/11/26 世界における日本文化
3. 2021/11/09 日本文化の世界への発信:歴史用語の英訳をめぐって(広島市立大学)
4. 2019/10/09 世界における日本文化(茅ヶ崎市)
5. 2019/06/28 天皇はemperorなのか? 歴史用語の英訳について考える(座間市)
6. 2018/06 世界の中の日本文化(釜石市)
7. 2017/10 「歴史用語の英訳の現状と課題」 ― 日本文化を世界に発信する試みとして ―
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  英語で学ぶ日本史の効果的指導に関する研究:語学力向上と国際的視野育成の観点から 基盤研究(C) 
2. 2018/04~2019/03  日本中世社会における社会関連資本としてのネットワークに関する研究 その他の補助金・助成金 
■ 学歴・取得学位
1. 1990/04~1994/03 青山学院大学 文学部 日本語・日本文学 卒業
2. 1994/04~1997/03 青山学院大学 文学研究科 日本語・日本文学専攻 修士課程修了
3. 2001/08~2004/05 University of British Columbia 博士課程単位取得満期退学
4. 2004/08~2013/08 University of Southern California Premodern Japanese History 博士課程修了 Ph.D. in History
■ 所属学会
1. 2009/06~ British Association of Japan StudiesLink
2. 2008/11~ 総合女性史学会Link
3. 2007/05~ Japan Studies Association of Canada (JSAC)Link
4. 2005/01~ Association for Asian Studies (AAS)Link
■ 主要授業科目
Introduction to Cultures of the World: Japanese History