(最終更新日:2022-01-10 23:20:04)
  タカオカ アキコ   AKIKO TAKAOKA
  髙岡 祥子
   所属   心理学部 対人・社会心理学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
キーワード:比較認知科学、学習心理学 
■ 論文
1. 論文  学生の修学データを活用した多角的な学生支援の提案 -要注意学生の早期発見と学生相談との協働- 明治学院大学心理学紀要 (27),81-93頁 (共著) 2017/03
2. 論文  Do dogs follow behavioral cues from unreliable human? Animal Cognition 18,pp.475-483 (共著) 2015/03
3. 論文  イヌ(Canis familiaris)におけるヒトの性別の感覚統合的概念 動物心理学研究 63(2),123-130頁 (共著) 2013/03
4. 論文  Incidental memory in dogs (Canis familiaris): adaptive behavioral solution at an unexpected memory test Animal Cognition 15(6),pp.1055-1063 (共著) 2012/03
5. 論文  イヌ-ヒト間の社会的やり取りから見たイヌの社会的知性 動物心理学研究 59(1),15-23頁 (単著) 2009/03
6. 論文  イヌ(Canis familiaris)新生児における母親の匂い弁別 動物心理学研究 57(2),89-94頁 (単著) 2007/03
■ 学会発表
1. 2021/12/05 2.5次元写真の心理的効果に関する検討 ー予備的な結果の報告ー(アートミーツケア学会)
2. 2018/06 乳児における表情カテゴリカル知覚の神経基盤(顔・身体学 第2回領域会議)
3. 2017/09 生物種を越えてユニヴァーサルな「表情」:ヒト,イヌ,ラット,タコ,イカから考える(日本心理学会第81回大会)
4. 2015/12 イヌにおけるヒトの信頼性の評価(人間行動進化学会第8回大会)
5. 2014/07 Inference about the person’s “reliability” by dogs(日本動物心理学会第74回大会)
6. 2013/03 Do dogs prefer the pointing gesture by trustworthy person?(International Conference on Comparative Cognition)
7. 2012/10 イヌは観察経験にもとづいてヒトへの反応を変化させるのか?(関西心理学会第124回大会)
8. 2012/09 イヌは観察を通してヒトの“信頼性”を認識するか?(日本心理学会第76回大会)
9. 2012/07 Do dogs follow of a trustworthy person?(Canine Science Forum)
10. 2012/03 イヌにおけるヒトの指差しへの反応の柔軟性(北海道大学グローバルCOE総括シンポジウム)
全件表示(25件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/10 関西心理学会第124回大会 研究奨励賞
2. 2012/03 北海道大学グローバルCOE総括シンポジウム ポスターアワード
■ 社会における活動
1. 2014/07 阪急西宮ガーデンズ内「阪急ハロードッグ」にて飼い主様向け講座の講師
2. 2013/07 阪急西宮ガーデンズ内「阪急ハロードッグ」にて飼い主様向け講座の講師
■ 講師・講演
1. 2021/10/29 動物の心を探る心理学
2. 2021/08/16 令和4年度若手研究申請者向けオンラインセミナー
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  異種間における表情同調を介した感情認識メカニズムの解明 若手研究 
2. 2021/04~2022/03  衛⽣マスクの着⽤が顔の魅⼒の知覚に及ぼす影響 立正大学 心理学研究所 研究助成 
3. 2020/04~2021/03  人とイヌの異種間コミュニケーションのメカニズムの解明—表情同調の観点から— 立正大学研究推進・地域連携センター 支援費第3種 
4. 2017/04~2018/03  修学支援に関する要因の構造化 その他の補助金・助成金 
5. 2010/04~2012/03  イヌの社会的知性―個体経験の効果に注目して― 特別研究員奨励費 
6. 2009/08  Student Grant for IEC2009 その他の補助金・助成金 
7. 2008/04~2009/03  グローバルCOE「心が活きる教育のための国際拠点」大学院生養成プログラム研究費 その他の補助金・助成金 
■ 学歴・取得学位
1. 2001/04~2005/03 関西学院大学 文学部 心理学科 卒業 学士(文学)
2. 2006/04~2008/03 京都大学大学院 文学研究科 行動文化学専攻 修士課程修了 修士(文学)
3. 2008/04~2011/03 京都大学大学院 文学研究科 行動文化学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2016/01/25
(学位取得)
京都大学大学院 博士(文学)
■ 所属学会
1. 2018/04~ 日本基礎心理学会
2. 2015/04~ 日本人間行動進化学会
3. 2012/04~ 関西心理学会
4. 2005/04~ 日本動物心理学会
5. 2003/04~ 日本心理学会