(最終更新日:2022-04-22 23:42:45)
  クシダ ユカ   YUKA KUSHIDA
  櫛田 優花
   所属   地球環境科学部 環境システム学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
キーワード:生物多様性、系統分類、適応進化、八放サンゴ類、ウミエラ類 
■ 論文
1. 論文  トカラ列島横当島沿岸におけるサザナミショウグンエビ Enoplometopus voigtmanni Türkay, 1989(甲殻亜門十脚目ショウグンエビ科)の脱皮殻に基づく記録 Nature of Kagoshima 48,15-17頁 (共著) 2021
2. 論文  A sea pen field in shallow water in the Amakusa Islands, southern Japan Plankton & Benthos Research 15(3),pp.259-268 (共著) 2020
3. 論文  Description of the sea pen Calibelemnon hinoenma sp. nov. from shallow waters in southern Japan Marine Biodiversity 50(6) (共著) 2020
4. 論文  First observation of mole-like burrowing behavior observed in a sea pen Marine Biodiversity 50(3) (共著) 2020
5. 論文  Two new species of the genus Chironephthya (Octocorallia, Alcyonacea, Nidaliidae, Siphonogorgiinae) from the Gulf of Thailand Zootaxa 4780(2),pp.324-340 (共著) 2020
6. 論文  Molecular phylogeny and diversity of sea pens (Cnidaria: Octocorallia: Pennatulacea) with a focus on shallow water species of the northwestern Pacific Ocean Molecular Phylogenetics and Evolution 131,pp.233-244 (共著) 2019
7. 論文  紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相(第2報) 三重大学フィールド研究・技術年報 (17),1-29頁 (共著) 2019
8. 論文  三重県熊野灘の深海底生生物相 三重大学フィールド研究・技術年報 (16),1-32頁 (共著) 2018
■ 著書・その他
1. 著書  魅惑の島々、奄美群島―自然編―   (共著) 2021
2. 著書  Biogeographic Atlas of the Deep NW Pacific Fauna   (共著) 2020
3. 著書  Reference Module in Earth Systems and Enviromental Sciences  pp.597-611 (共著) 2019
4. その他 令和2~3年度文部科学省特別経費(プロジェクト)世界自然遺産候補地・奄美群島におけるグローカル教育研究拠点形成活動報告書 南太平洋海域調査研究報告 63 (共著) 2022
5. その他 フィールドこぼれ話「海中の宝探し」 島嶼研だより (82) (単著) 2021
6. その他 南西諸島の海洋生物多様性-ウミエラ類研究を例として- 島嶼研分室だより (13) (単著) 2021
7. その他 男女群島における海洋生物の多様性に関する基礎調査 自然保護助成基金成果報告書 25 周年特別記念号  (共著) 2019
8. その他 Investigating biodiversity of coral reefs and related ecosystems in Palau PICRIC Technical Report 18-03,pp.1-62 (共著) 2018
9. その他 海のペン,海のサボテン,海の楊枝?砂泥底に住むウミエラ類 うみうし通信 (101) (単著) 2018
■ 学会発表
1. 2022/03 生息水深帯の変遷に伴うウミエラ目における骨片の進化を探る(東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会 北西太平洋の深海底生生物相)
2. 2022/03 相模湾江の島沖大陸斜面の水深100-300 mにおける水中ドローンを用いた生物相調査(日本生態学会第69回全国大会)
3. 2021/12 Diversity and ecology of sea pens living in sandy and muddy bottoms(The 8th East Asian Island and Ocean Forum)
4. 2021/05 九州から琉球列島におけるウミエラ類の基礎研究(鹿児島大学国際島嶼教育研究センター第210回研究会)
5. 2020/12 Calibelemnon sp. from Amami Oshima Island in shallow water(The 5th World Conference on Marine Biodiversity)
6. 2020/10 奄美大島から得られたフタゴウミサボテンモドキ属(刺胞動物門八放サンゴ亜綱ウミエラ目)の一種(JSSZ 動物多様性セミナー)
7. 2019/10 Phylogenetic studies of sea pens (Cnidaria: Anthozoa: Octocorallia) from the northwestern Pacific Ocean(Vigo University seminar)
8. 2019/06 半円状葉状体を持つヤナギウミエラ類における系統分類学的研究(日本動物分類学会第55回大会)
9. 2018/05 浅海性ウミエラ類を含めた分子系統学的研究(第14回日本刺胞・有櫛動物談話会)
10. 2017/11 Biodiversity of sea pens in Palau(RETI 2017 in Okinawa“Future Perspectives for Island Society: Sustainability and Self-Management”)
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2022 「海の多様性」も味わおう~紙上版「海の生きもの観察会」~
2. 2021 シンポジウム「世界自然遺産と奄美の観光-エコツーリズムによる保全と利用」
3. 2021 磯のいきもの観察会~島のいきものを探そう~
4. 2021 奄美群島の植物教室(喜界島)
5. 2021 奄美群島島めぐり講演会 (第13~18回)
6. 2021 奄美分室で語りましょう (第30~33回)
7. 2019 サイエンスプロジェクトfor琉球ガールズ サイエンスキャンプ-vol.8-
8. 2017~ 日本刺胞・有櫛動物研究談話会
9. 2016~2019 沖縄のサンゴ礁研究最前線 (サンゴ礁ウィーク 2016,2018,2019)
■ 学歴・取得学位
1. 2018/04~2021/03 琉球大学 理工学研究科 海洋環境学 博士後期課程修了 博士(理学)
2. 2016/04~2018/03 琉球大学 理工学研究科 海洋自然科学専攻 博士前期課程修了 修士(理学)
3. 2012/04~2016/03 琉球大学 理学部 海洋自然科学科生物系 卒業 学士(理学)
■ 所属学会
1. 2019~ 日本動物分類学会